松阪牛とはどんな肉のこと?

松阪牛に関する総合情報

松阪牛に関する総合情報main画像
松阪牛とはどんな牛肉かをまとめています。どんな牛のことを言うのか、どんな育て方をしているのか、味はどうなのかがわかります。
松阪牛とはどんな肉のこと?

日本の牛肉はおいしいと言われていますよね。

特に松阪牛は高級牛肉として知られ、人気があります。

松阪牛とはどんな牛を言うのか、どんな育て方をされたものなのかを調べてみました。

松阪牛と言う名前だけは知っていたけれど、どんな牛なのか知らないという人は参考にしてください。

《松阪牛の定義》

松阪牛と言える牛には条件があります。

まず、黒毛和種で未経産の雌牛であることです。

肥育は松阪牛生産区域といってあらかじめ決められた地域でのみ行われ、生産区域での肥育が最も長く、最終地でもあること。

それに加えて生後1年までに松阪牛生産区域に導入されたこと、松阪牛個体識別管理システムに登録されていることが松阪牛となります。

《まつさかぎゅう?まつさかうし?》

松阪牛はどのように読むのが正しいのかご存知ですか。

以前は「まつさかぎゅう」と言われていた方が多いのですが、今は「まつさかうし」とも言われていてどちらでも構いません。

どちらも間違いではないのです。

「まつざかうし」や「まつざかぎゅう」と「さ」を「ざ」と濁るのは間違いですから注意してくださいね。

《おいしさの秘密》

松阪牛のおいしさの秘密は、甘くてこくがある上品な香り、不飽和脂肪酸が豊富な脂肪、優しくとろけるような食感です。

特に松阪牛は脂肪の融点が低いので、口に入れるとすぐに溶けてとろけるのが特徴です。

手のひらに乗せただけで溶けると言われていますから、他の和牛よりも舌触りが良くてとろける食感だと言われています。

Copyright 松阪牛に関する総合情報 All Rights Reserved.