オリジナルのぼりは完全入稿データに限られているのですか?

のぼり旗のデザインは、入稿のあり方に縛られたり制限が加えられたりするものではありません。

完全入稿データでなくても、メモ書きでものぼり旗は作れます。

▽やり慣れた人でなければミスが続いて二度手間に。

完全入稿データというのは、のぼりショップが指定するExcelやPhotoshopなど、プロが入稿時に使用するデータファイルを使って、完全な形で入稿するというものです。

先方では多少の修正はしてくれますが、微調整の範囲に留まります。

そのまま印刷に回せるので、のぼりの単価としては安く上がりますが不慣れな人は避けるべきです。

必ずしも完全入稿データではなく、データの置き換えから依頼することもできます。

▽紙切れ1枚のメモ書きでもオリジナルはオリジナル。

オリジナルのぼりは、紙切れ1枚のメモ書きでも、自分が創作したものであればオリジナルです。

そういう状態から、プロがデータ上でデザインを起こしてくれるのぼりショップもあります。

基本的には、ネット上のサイトに「申込用フォーム」といったようなタグがあるので、そこから発注し、可能であればメモ書きやサムネイルを画像にして添付しましょう。

▽オリジナルのぼりは、どのような状態からでも依頼できます。

電話やファックス、メールなどを使ってオーダーできます。

データ化しようとして逆に思うようなデザインができなくなってしまう人は、データ上での作成が不慣れな人なので、こだわる必要はありません。

いちばん表現しやすい方法で描きあげ、それで受注してくれるのぼりショップを探すべきです。

5枚や10枚程度の発注で値段を気にしても意味がありません。