AIU建設工事保険のメリット

建設工事では規模にもよりますが一般的な住宅でも新築ですと3カ月から5カ月、マンションや工場等では半年から1年程建設期間が必要になります。

着工してから完成し、お客様に引き渡すまではどんなトラブルが発生するか判らない為多くの方が建設工事保険をかけられますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

AIUの保険ですと、まず、保険をかける際にもメリットがあります。

一般的な建築工事では、その工事ごとに個別の保険契約をすることが多いのですが、AIUでは1年間に行う工事をまとめて補償してくれる保険があります。

この保険なら1年間の契約期間中全ての工事で何かあった時にサポートしてくれるので書類作成等の面倒がなくかけ忘れも防ぐ事ができます。

個別保険に比べると統括保険の方が荷降危険補償や貨物割増運賃、割増賃金などの特別費用が自動セットになるので更にお得です。

また会計年度の完成工事高も簡単に算出でき経理も計算がやりやすくなります。

通常の個別契約では保険の支払いはその都度になりますが、統括契約だと口座振替で簡単に支払いも出来る為、効率的で事務処理も短縮されます。

さらに、経営規模等の総合評価が高いと最大30%までの割引が適用される事もありこちらも企業側からしたら大変なメリットです。

しかし、年間の工事数によっては個別での建設工事保険の方がお得な場合もありますので詳しくはAIUのプロフェッショナル代理店にお尋ね下さい。