既製のぼりを使いたいのですが、アレンジはどこまで可能?

発注者の中には、オリジナルより既製のぼりのほうが良いという人もいます。

そこには計算されたインパクトや目立つ色使いなどプロの作法が凝縮されているからです。

▽極端な変更でなければ変更に応じてくれる。

ネット上にあるのぼり旗店のサンプルは、たとえば店名を挿入したり、売り文句をプラスしたり、少なくてもその程度のことはできるようになっています。

のぼり旗店によってその範疇はマチマチですが、極端にサンプルのレイアウトが変わってしまわないレベルであれば対応してくれます。

サンプルののぼり中央にあるタイトルは、大半がオリジナルの書き文字なので、変更はむずかしいでしょう。

▽既製のぼりのメリットはどんな点にあるのか。

既製のぼりのメリットは、発注と仕上りにイメージのズレが少ないことです。

また短納期であること、安価で手間いらずであることが何よりのメリットです。

おそらく、色使いについては変更がききやすいので、“もっとオリジナリティが欲しい”という人は、のぼり店に相談してみてください。

▽色の変更はできやすいけれど、ヘタに色替えするとせっかくの既製のぼりとしてのインパクトがなくなる可能性もあります。

のぼり旗店の既製のぼりのサンプルでもっとも大事にされているのが、「目立つこと」、「インパクトが強烈であること」です。

プロが計算して作っているものなので、一見するとど派手で下品に見えても、手元に届いたものを店頭に立てかけてみるとそうでもなかったりするものです。