AIU建設工事保険の料金

AIUの建設工事保険を検討されている方の中には、実際に保険料金がどれくらいかかるのか気になる方も多いでしょう、個別の工事保険料を例にとってご紹介いたします。

建設工事は個々の事例によってかなり内容が違います。

リフォームで水周りだけ工事をしたり、新築で家を建てたり、会社のビルを建設する等内容は様々です。

ですが大きく分けると建設工事保険には2種類あります。

建設現場の人や物損に備えるものか、または労災に備えるものかです。

これらがセットになっている保険もありますが、例えば屋根工事で従業員の人に保険をかける場合、月額保険料は15,000円から20,000円程になります。

これはその工事での売上が1億円で事業主・従業員・パート・アルバイトも含みます。

又、下請け工事を行う人も保険対象となる為トラブルでケガをされたり死亡したりという事があれば保険金がおります。

これに物損が加わると同じ屋根の工事でも3万円を越えます。

例えば塗装工事を行う場合人身と物損が加わると10万円を越える事もあり、どの部分まで補償してもらうかという所でAIUの建設工事保険料金が決まると言っても過言ではありません。

自分でどの部分まで保険をかけようと思っているのか、ある程度必要な所と必要でない所を選択しておいて保険会社と話をしましょう。

セットで入ると安くなったり、個別契約ではなく、1年間の期間契約等で保年に入ると割引になる事があります。

同じ補償内容なら保険料金を少しでも抑えたい方がほとんどだと思いますので、どれが一番お得なのかじっくりと考えてから保険加入をして下さい。