AIU建設工事保険と火災保険

AIUに限らず建設工事保険に加入すると建設中に起こった火災に関しては保険が適用されるケースが多いですが、一般的に皆さんが知っている火災保険とどのように違うのでしょうか。

まずは建設中に起こってしまった火災は突発的なもので予防する事ができなかったものですとほとんどが支払いの対象になります。

例えば溶接の火花が何かに引火してしまい建物が焼失してしまったり、落雷で一部燃えたり、放火による火災も建設工事保険によって補償してくれます。

この保険は工事が完了し引き渡しが終わると終了になりますのでその後火災が起こっても期間が終了していれば保険金はおりません。

火災保険は建物の工事が終わり引き渡された後家主が建物にかける保険です。

もしもの為に備える事が結果的に自分の身を守る事になりますので持ったり無いと思われても火災保険はかけておきましょう。

特にAIUの保険は建築中の保険が終わって、火災保険もかけられるので最初から全く知らない所に保険をかけるより手間も省けます。

大手の保険会社ですから他にも生保などをセットすると安くなる事もあります。

さらに火災保険だけではなく近年では巨大地震等が多発している為地震保険に加入する人も増えてきています。

いざという時自分や家族を守る為にも保険を見直すのも大切です。

建設工事保険の場合、家を建てる業者さんが保険をかけますので一言どこの保険に加入されているかという事を聞いてみるのも良いでしょう。

補償内容等を確認すれば安心感もさらに倍増します。

参考ページ ≫ [http://suumosp.allabout.co.jp/allabout_journal_item_79031.html