AIU建築関係でリスクを減らす

一つの建設工事を行うにしても、その工事にはたくさんの人達が関わる事が多くその分リスクも増加して行きます。

AIUの建設工事保険ではこのようなリスクを減らす為に色々な種類の建設工事保険があります。

どのようなリスクを対象にした保険なんでしょうか。

AIUの建設工事保険の中でも一番利用度が多いのが総合的な事業者保険です。

リスクは細分化され、業務災害や賠償責任、雇用リスクや財産等の減損など多々あります、それらをほとんどの場合カバーしてくれるのでこちらの保険に入る方が多いのです。

従業員のリスクに対しては総合保険以外に業務災害に特化した任意労災保険というものもあります。

これは事故やトラブルでの労働災害リスクに備えるもので高額になりがちな補償をカバーしてくれます。

これに付随して海外に出向く社員のための駐在員専用保険もあります。

財物の保険としては企業財産保険や動産保険、組立保険等、用途に合わせた保険がいくつかあります。

また企業の危機管理のリスクを減らす為の保険もあります。

サイバー攻撃に対応する保険・個人情報漏洩保険・環境汚染賠償保険・建設業専門の損害賠償保険、貿易に関する保険等、総合保険と組み合わせてリスクをカバーする場合も多いです。

これらの保険を上手に組み合わせる事によって企業のリスクを減らし、何かあった時もすぐに対応できるような体制を普段から準備しておく必要があります。

必要な保険とそうでない保険を区別してまずは、どのようなリスクを減らすことができるか検討してみましょう。