おいしいすき焼きの食べ方を知りたい

松阪牛に関する総合情報

松阪牛に関する総合情報main画像
松阪牛を使ったおいしいすき焼きを作りましょう。大きく分けて関西風と関東風の二種類があり、どちらも美味しく食べられます。
おいしいすき焼きの食べ方を知りたい

高級牛肉である松阪牛をおいしく味わう食べ方として、すき焼きが勧められています。

松阪牛が食べられるお店でも、すき焼きはかなりの人気で、注文が多いと言われています。

そこで、おいしい松阪牛のすき焼きの食べ方を知り、ぜひ家で実践してみてください。

《関西風すき焼きの作り方》

すき焼きには関西風と関東風があり、少し作り方が違いますよね。

松阪牛の本場の松阪市は関西風で作ることが多いです。

おいしい関西風のすき焼きの作り方は、まず肉を焼きます。

牛脂を鉄鍋に引いて肉を焼き、砂糖、しょうゆをまぶしてまずは肉だけを食べます。

そして野菜を入れて酒、しょうゆ、砂糖で味付けします。

野菜が減ってきたらまた肉を焼き、そして野菜という風に食べます。

《関東風すき焼きの作り方》

関東風のすき焼きは、あらかじめ割り下という調味液を作っておき、関西風の酒、しょうゆ、砂糖を入れる段階で割り下を使います。

割り下は市販のものがあるので家でする場合はそれを利用すれば簡単です。

割り下の味は好みによって調節してください。

辛いと思ったら砂糖を、甘いと思ったらしょうゆを入れて調整しましょう。

《肉は焼くのがポイント》

すき焼きというと、鍋物になるのでぐつぐつと煮るイメージがありますが、あくまでも肉は「焼く」のがポイントです。

野菜や豆腐、しらたきは煮込む感覚で良いのですが、おいしい牛肉は鉄鍋で焼いて食べるのがおいしい食べ方です。

せっかくのおいしい肉ですから、焼きすぎないことも大切です。

Copyright 松阪牛に関する総合情報 All Rights Reserved.